075月

世代を超えて愛される時計、パテックフィリップ

偉人に愛されてきた、パテックフィリップ

パテックフィリップはスイスの1839年に創業された高級時計ブランドです。

創業から、10年ほどの1851年にはヴィクトリア女王がペンダント ウォッチを購入しています。チャイコフスキーも懐中時計を購入したことが知られています。マリー・キューリはジュネーブ芸術協会からペンダント ウォッチを授与されました。

ゴールドやプラチナ素材を使用しているのがパテックフィリップの時計の特徴です。高級素材の組み合わせのバランスが絶妙で、上品で控えめな印象となり、人々を魅了するのでしょう。

一度は手にしたい!老舗ブランド

パテックフィリップには億を超える時計もあります。どのように選べばいいのでしょうか?

やはり、自分のお財布が許す範囲内で、気に入ったデザインを選ぶといいでしょう。小ぶりのものは日本人の体格にもあいます。パテックフィリップはスイスの時計メーカーなのでヨーロッパの男性を基準に設計されています。直径や厚みなど、一度試着してみるといいでしょう。

日本人におすすめの時計は、ワールドタイム シリーズです。つけていても邪魔にならない直径40mm以下の時計が多くあります。ワールドタイムという名前の通り、世界の主要都市の時間が一目でわかるビジネスマン向けの時計です。憧れの時計を購入するために、バリバリ仕事に打ち込むのもいいでしょう。

一生付き合える!人生の相棒。

パテックフィリップはどんなに古くても自社製品は修理できる「永久修理」を謳っています。保証期間が過ぎたものは有償修理になりますが、パテックフィリップの時計なら修理してくれるので一生ものの時計と言われています。
メンテナンスを続ければ100年は使えると言われています。父から子へ、そして孫へと世代を超えて愛されています。

パテックフィリップの特別性は、どんなに昔の時計でも修理に出すことが可能だという点にあります。そのため、一生使える時計というイメージが付いています。