広がりのある味わいが魅力の江戸甘味噌

お土産の定番と言えば、お菓子を思い浮かべる人が多いかもしれませんね。東京土産にも、せんべい、かりんとう、といった和菓子からチョコレートやクッキーなどの洋菓子まで、多様なお菓子がみられます。お菓子も美味しいですが、健康志向の高まっている時代、東京で古くから親しまれてきた身体に良い食べ物をお土産にしてみてはいかがでしょうか。
味噌汁をはじめ、和食作りに欠かせない発酵食品の味噌は、地域によって特徴が異なります。東京では、他の地域と比べて、塩分が少なく、甘味の強い江戸甘味噌が作られてきました。甘味噌の深みのある味わいは、老若男女問わず食べやすく、色んな料理に活用できてお土産にも喜ばれます。お湯を注ぐだけで食べられる、甘味噌仕立てのフリーズドライのお味噌汁もおすすめですよ。

和の食卓を彩る美味しい江戸の食べ物

東京土産として長く人気を誇っている物のひとつが、佃煮です。伝統的な製法を守って作られた佃煮は、ほっと和める美味しさで、ご飯のお供にも、おつまみにも向いています。製法のみならず、原材料となる海苔や貝類選びにもこだわり、東京湾で獲れた海産物の旨味を余すことなく引き出した佃煮は、東京が誇る逸品と言えるでしょう。海産物を生の状態で買って帰るのは、ちょっと難しいですが、比較的日持ちがする佃煮なら、お土産として渡しやすいですよね。
佃煮のほかにも、東京の人々の食卓で愛されてきたお土産におすすめの食べ物が数多くあります。江戸前寿司のシャリにも使われている江戸前酢、料理のアクセントになる七味唐辛子や柚子胡椒など、和の食卓を彩る粋な食べ物をぜひお土産にして下さい。

カンパネラの由来は、イタリア語の「campanella」です。「小さな鐘・ベル・チャイム・鈴」のことを意味しており、人名としてもよく使われています。