豊かな想像力を育みます

子どもと一緒に遊んでいる時、思いがけないものを使って見立て遊びをしていることはありませんか。子どもは大人にとって何でもない道ばたに落ちている石でさえもご飯に見立てたりしておままごと遊びをすることができます。このようにおままごと遊びは子どもの想像力を豊かにしてくれる遊びの一つです。自宅で想像力を育むためにおままごとをするのであれば、子どもが自由に想像できるようなシンプルなおもちゃを選ぶことがポイントになります。

コミュニケーションを高めます

おままごとは子どものコミュニケーションを高めるにも効果的です。兄弟や友達と一緒におままごとをするのが理想的ですが、周りに遊び相手がいない場合は、親が子どもの相手をしてあげましょう。おままごとで様々な役割を演じることによって、相手の気持ちを理解することができコミュニケーション能力を高めることができます。またコミュニケーションを高めるためにおままごとをするのであれば、人形を用意することも大切です。人形があれば「赤ちゃん」という役割が増え、コミュニケーションの幅が広がるからです。

言葉が豊かになります

おままごとをすると、母親や父親など様々な役を演じることになるので、その役に応じた言葉を使うようになり言葉が豊かになります。言葉を豊かにするのが目的でおままごとで遊ぶなら、絵本を活用することも有効的です。絵本には日常的なことが描かれていることが多いので、おままごとを行う際の参考にもなり、表現力も豊かになるからです。

木のおもちゃのままごとには、オーブンやシンクがついたキッチンセットや野菜や果物などの食材、お皿やフォークなどの食器など様々な種類があります。