屋上緑化って何だろう?

屋上緑化とは、屋上スペースに木や草花などの緑を植えることです。デパートやマンション、ビルなどで行われているのを見かけたことがある方も少なくないでしょう。近年は自宅の屋根や屋上を緑化する方もいます。そこで、屋上緑化のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

屋上緑化のメリット(1):省エネルギーを期待できる

屋上緑化を行い屋上や屋根を緑で覆うことによって、建物の省エネルギーが期待できます。例えば夏は屋上の緑が日差しを遮ることで、建物の温度の上昇をやわらげ、冬は熱の放出を防いでくれる働きが予想されます。

屋上緑化のメリット(2):憩いの場所に活用できる

緑を増やすことによって空気をきれいにしたり、地球温暖化への対策などが期待できるほか、緑の癒し効果を利用して憩いのスペースとして活用することもできます。

屋上緑化のデメリット:費用と手間がかかる

屋上緑化を始めるには、屋上に緑を植えられるような環境に整備しなければなりません。そのための施工費や、完成した後の維持費など、費用がかかることはデメリットの1つでしょう。また、緑の維持には手間もかかります。高い場所にあるため、特に風によって木の葉や土・砂などが飛散すると近隣に迷惑をかける可能性があるため、こまめな手入れや掃除が必要です。また、水やりや剪定など、通常の庭のような世話もしなければなりません。

メリットとデメリットを理解した上で屋上緑化をしよう

屋上緑化は既存のスペースを有効活用して緑を増やすエコな方法ですが、気を付けなければならない点もさまざまあります。ぜひ、メリットとデメリットの両方を理解した上で、屋上緑化に挑戦してみましょう。

屋上緑化とは、自宅の屋上へ木や草花等を植え緑の空間を作る事です。庭のスペースがない住宅などに木や草花を植えることで癒しの空間を作る事が出来ます。